Breaking News

ジパングカジノ » 入金不要ボーナス・レビュー・評判

ボーナスを活用しよう グラフィックの美しさ・まるでランドカジノに居るかの様なサウンドとプレイヤーを引き付けてやまない楽しいゲームの多さなど、常に業界の中心にいる最高クラスのソフトウェアです。 更に、2020年中旬からは、クイックスピン社(QuickSpin)や、Eyeconなど、複数のプロバイダを搭載し、ハイブリットカジノへと進化しています。 またジパングカジノは、イギリス領に登記してあるBayview Technologies Limitedによって運営しています。 マツキヨがメインパーソナリティーを務めるジパングカジノのオンラインカジノ実践動画を絶賛配信中です。 「どんなものかわからず不安」「大金を取られたらどうしよう」「なんかよくない会社が運営しているのでは」などマイナスなイメージを持ち、なかなかトライできないのが現状ではないでしょうか。 「異国のカジノで遊ぶ」感覚が味わえて大変面白いゲームです。 ただし、ディーラーが3枚のカードでバーストした場合は「引き分け」扱いとなるので、どこで勝負に行くかセンスの問われるライブゲームとなっています。 もちろん前のカードの数字が小さければハイにした方が当たりますが、当たりにくい方にベットして正解だった場合配当が多くなるので駆け引きも重要なゲームとなっています。 他のゲームより当たりやすさが高く、西部劇を舞台にしたカジノの入門編として遊べるビデオスロットと言えます。 また、インスタント版を拡充し、スマホでも快適に遊べるような環境を整えたことで、結果的に非常に遊びやすいオンラインカジノへと生まれ変わり、現在人気が再沸騰中です。 他のオンラインカジノは銀行振込やヴィーナスポイントなどの決済方法が利用できるところが多いなか、ジパングカジノはペイトラとエコペイズのみと利用できる決済方法が少ないです。2回目の入金にも100%ボーナス(最大$300)など大きなプロモーションが用意されているので、ボーナスを積極的に狙いたい方にはジパングカジノがおすすめです。ジパングカジノでは日本人スタッフによる24時間年中無休のカスタマーサポートが受けられます。スロッティベガスにはスーパーチャージと言う名の「追加で配当がも貰える」システムがありますので、たくさんカジノで遊ぶ方にお勧めとなっています。但し、顧客がポイントを直接購入できないのでメインの決済サービスとして使うのは不便ですのでサブとして使う形になるか、あるいは出金のみと割り切って使う事になるでしょう。 例えば、50%計算のパイゴウポーカーを200ドルプレイした場合、出金条件にカウントされる金額は50%の100ドルのみです。 ジパングカジノ公式サイトのどこかに「クエスト」が隠されており、クエストを見つけて条件を達成するとボーナスをもらうことができます。 また、ボーナスの受け取り時には入金が不要ですが、過去にちょうだいボーナスをもらってから100ドル以上入金していないとボーナスを受け取れません。 具体的には、登録時にもらえる入金不要ボーナス、ちょうだいボーナス、ドドンパクエスト、お誕生日ボーナスなどがあります。 ボーナスを受け取ってから24時間以内に出金条件をクリアしないと、勝利金とボーナスが自動で削除されてしまいます。 300ドルまでの入金は入金額と同じ金額のボーナスがもらえて、300ドルを超える入金では一律300ドルのボーナスがもらえる分かりやすい仕組みです。 たとえば「この入金方法で良いのだろうか」「聞きたいことがあるけれど、日本語で対応してくれるだろうか」など不安の種は尽きません。 サポートはサイトの見やすい位置に配置してあるのですぐにクリックできます。 また問い合わせるときは内容を入力するだけなので誰でも気軽に使えます。 また、文章入力だけで問い合わせするのが不安なら自身の画面などのスクショを用意しておくとよいでしょう。 公式サイトに移動したら「ログイン」をクリックしメールアドレスや住所氏名などの個人情報を入力するだけです。...
Exit mobile version